アルコールは筋肉に悪いか?

最終更新: 2020年6月25日


アルコールは筋肉を分解する。といった事をよく耳にすると思います。

・アルコールは体内でミオスタチンという成分を増加させ、筋肉量ほ増加を妨げる。

・筋肉のエネルギーとなるグリコーゲンの再合成を妨げる。

・筋トレ後の炎症を減少させる。

(筋肉の成長を妨げる)

ただ、中にはボディービルダーでも

平均2.3杯飲んでいる人達もいます。

しかし、7杯アルコールを飲んだところ、

テストステロンの生産が抑制された

という結果が出ています。

また、大量のアルコールによって、

副腎という部分からコルチゾールという

ホルモンが分泌され、

そのコルチゾールが筋肉を

分解する作用があります。

よって、1.2杯の飲酒であれば、

筋肉を失う危険性がないが、

7杯以上飲む場合は、

栄養素がアルコールによって

失われてしまうので、

筋肉を失って弱くなるということです。

ただ、完全にお酒を我慢してしまうことは

難しかったり、ストレスが溜まったりする方も多いかと思います。

アルコール好きの方は、

筋トレのタイミングをずらしたり、

量を改善するのが良いかと思います。

筋トレの前日当日後日の3日間は飲まない。

だったり、アルコールの量を2杯までに

しておく。といったルールを自分で作るといいですね! 

お酒と上手に付き合いながら、

ダイエット、ボディメイクを

成功させましょう。



【Instagram横山優斗アカウント】

@active_lab_fitness_jp

【Instagram畠山瑞貴アカウント】

@mary_mizuki_hatakeyama

【Instagram食事アカウント】

@tryve_online_college

【ホームページの会員登録】

https://www.tryve-sendai.com/

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

08016933480

日本、〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目13−32 オーロラビル806

©2020 by パーソナルトレーニングジムTRYVE。Wix.com で作成されました。